トップページ > 記事閲覧
鳩山飢饉到来
日時: 2010/04/17 15:49
名前: 奇新人

ここのところ、異常低温の状態が続いている。
もう既に農作物にも影響が出ている。
さらに関東北部を中心に17日の朝まで雪が降り、田畑に雪が積もってしまった。
農作物に被害がさらに拡大するだろう。
このままだと大不作になり、野菜を中心に極端に価格が高騰し、輸入を増やさなければ、食糧不足に陥る可能性もある。飢饉が起きるかもしれない。

ところで、鳩山政権は政治がうまくいっていない状態である。
それにちなんで鳩山飢饉と名づけよう。
メンテ

Page: 1 |

Re: 鳩山飢饉到来 ( No.1 )
日時: 2010/04/23 09:14
名前: 名無しのゴンベエ

天明の大飢饉では人肉を喰らった記録が随所で残っている。吉村昭の小説にも
此の状況を描いた小説が有った。

日本では小児・学堂も発病する成人病の原因が「過食」である。此処は健康の為に
天候不順を「少食・粗食」で乗り切ろう。
メンテ
Re: 鳩山飢饉到来 ( No.2 )
日時: 2010/05/30 23:17
名前: ししま

口蹄疫の対応の遅れが牛の殺処分につながっている。
殺処分は口蹄疫の感染拡大防止のために行なわれるものである。
だから早く対応していれば、殺処分を行なう牛は少なかったかもしれないのだ。
県のエース級の種牛は、うまく隔離して、感染が確認されない限り、殺処分を回避するべきだ。
種牛を再度育成するには、7〜8年間ぐらいかかるからな。
農家の人たちにとってみれば、そう簡単に殺処分を受け入れることはできない。まして、特に悪いことをしているわけでもないのに。
殺処分は人災である。
農水相は何らかの形で責任をとり、税金ではなく、政治家・官僚のお金で宮崎県の農家を保障するべきだ。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存